薬局で買える精力剤|本当に効果が期待できる【精力剤ガイド】

薬局で買える精力剤|本当に効果が期待できる【精力剤ガイド】

薬局で買える精力剤

薬局で買える精力剤

年齢とともに男性機能が衰えてくると、「精力剤にでも頼ってみようか」と考える人はおられると思います。

 

薬局などでも販売されている精力剤ほど中身や効果がわかりにくいものはありません。

 

そのために、精力剤を必要としているのだが、どれをどこで購入するのがいいのかがわからないという方がとても多いのです。

 

さらに今では、ネット通販でも精力剤が購入できるようになっています。

 

商品の感想なども記載されているけれども、ネットの情報なのでいまいち信頼ができないと感じてしまうという方もおられるのではないでしょうか?

 

薬局では、薬剤師が必ずいます。今ではドラッグストアーでも薬剤師を常駐させています。あなたの症状を薬剤師に伝えることで、きちんとアドバイスに乗ってくれるのです。

 

薬局で購入することのできる精力剤には「小林製薬のマカEX」や一昔前なら「満天飛龍」などもありました。

 

マカEXはサプリメントの分類に入りますので、効果や作用を記載することができないので、飲んでみないと効果があるかどうかわかりません。

 

またサプリメント医薬品に比べると体の安全を第一に考えられているので、作用は小さいことが多いです。

 

一方「満天飛龍」のほうはサプリではなく漢方や生薬の類となります。中国では昔から体にいいといわれるさまざまなものを利用して生きてきました。その経験から生薬や漢方が作られています。

 

天然成分しかないので副作用に関しては心配することはありません。効果や作用も強力なものが多いです。ただ値段も強烈に高額です。

 

このように薬局で精力剤を探すときには、その効果がわかりにくいのが難点です。

 

そのために自分に合ったものを見つけようとすると自分の症状を薬剤師に伝える必要があるということです。薬局で精力剤を探す際のもう一つのネックとなっています。

 

薬局の薬剤師といっても昨日までは知らない人に、自分の恥ずかしい症状を相談するのは男性なら誰しもが抵抗を感じるものです。

 

ただ、薬局で精力剤を買おうとするのなら、薬剤師さんにお願いしないと商品を渡してくれません。薬局の精力剤のほとんどがカギのかかったところにしまわれていることが多いです。

 

勃起機能と精力剤

 

勃起機能と精力剤

精力剤を飲む前に知っておいてもらいたいことがあります。男の機能である勃起機能と医薬品の関係についてです。

 

勃起機能の衰退の原因には様々な要因があります。今その原因として注目されているのが、仕事や社会に対する悩みや不安などのストレスなど、精神的なものが、勃起機能をダメにしているということです。

 

勃起の悩みは今や老人だけでなく、若い人にも広がりを持っています。若いうちなら、「精力が有り余っている」といっても、肝心な時に勃起できなかったりという悩みを持つ若者もいます。そのほかにも持続力がなくなり、女性を性行為で満足させることができないなど、その悩みはいろいろです。

 

中年に差し掛かってくれば、体力の衰えとともに、性行為の回数も少なくなってしまい、インポテンツで悩みだす人も出始めます。

 

しかし、勃起機能のシステムはもともととてもデリケートにできています。性的な刺激も見たり触れたりだけでなく、においや音などの含まれます。視覚や聴覚などの性的な刺激は、神経を通じて大脳へと届けられます。

 

大脳にある視床下部に性欲中枢があり、ここからの指令が脊髄を通って、正規へと伝わります。勃起作用だけでなく、ホルモンの分泌や、精液の射精もすべて脳が行っています。

 

このため、「自分は標準よりも性行為が下手なのではないか」とか「パートナーが満足してくれなかったらどうしよう」といった精神的に不の感情があると、そのまま勃起機能などのにも悪い影響が出るのです。

 

快適な性生活を楽しみたいなら、できるだけくよくよせずに精力剤でも飲んで、自分自身に自信をつけるほうが一番の近道なのです。


精力剤の種類

 

強壮・強精・媚薬に効果があるとされる精力剤にも、様々なランクがあります。精力剤ならどれでも同じというわけでもありません。症状に合わせて種類は豊富にあります。

 

また精力剤の元になっている成分は、そのほとんどが漢方で言うところの生薬です。この漢方の立場から見ても、上中下の三つに分けることができるのです。

 

まず、上ですが、これは長期間にわたって、服用しても体の害にならないもので、条約と呼ばれます。特に、性よい医学に用いられる化学物質の医薬品は副作用を伴うものが多いのですが、上品は副作用という買いが無いので安心して服用することができるのです。

 

次に、中ですが、これは一般的に治療薬のことを指します。基本的に上品のように長期間にわたって服用するものではありません。そうしないと体に害を及ぼすことがあるからです。中薬と呼ばれます。

 

最後に、下ですが、これは患部に直接働きかけて効果を上げるというもので、いわば劇薬、または毒薬と言える性質のものです。それだけに取り扱いには十分に注意が必要です。下薬と呼ばれます。

 

この上薬、中薬、下薬を精力剤に当てはめて考えてみると、上薬は滋養強壮剤で、強壮剤は下薬に分類されます。
精力に効果のある薬剤をひとまとめで、精力剤と言いますが、これは大きく分けると、滋養強壮剤、と強精剤の二つになります。

精力剤と持病の相性

 

精力剤と持病の相性

この病期にこの精力剤は危険という組み合わせがあります。これは特に重要なことですので、注意が必要です。

 

心臓に疾患のある人はヨヒンビン製剤を服用できません。ヨヒンビン製剤は血圧を上昇させるので、当然ながら心臓に負担を与えることになります。心臓病を患っていなくても、ご自身の心臓に自信が持てないのなら、服用しないほうがいいでしょう。

 

 

やや高血圧気味だという程度に人には、心臓への負担を抑えてくれれる強壮剤などもあります。

 

活オウ元

 

これには鹿茸、牛黄、半鼻、イカリ草といった勢力に効き目があるとされている生薬が含まれています。これを単独で服用することも可能ですが、心臓への負担をやわらげる働きがありますので、ヨヒンビン製剤を服用するとき、組み合わせて服用すればいいと思います。

 

糖尿病、前立腺肥大、腎臓病などの人は男性ホルモン剤を服用してはいけません。

 

これらの症状がある人は、男性ホルモンを服用すると、ますます症状を悪化させるだけですから、男性ホルモンが入っていない精力剤を服用するようにしてください。

 

また各種の内服液の中には飲みやすくするための糖分が含まれていることがありますので、糖尿病の人はその糖分に対しても十分注して商品を選んでください。

 

男性ホルモン製剤の長期の服用はなるべく避けるようにしましょう。

 

男性ホルモン製剤というものは、自分の体で分泌するべき男性ホルモンを外部から補ってやることで、その分泌作用を促すというものです。

 

特に60歳以下の人が男性ホルモンを外部から摂取し続けていると、自分で分泌する力を失ってしまいますので、それでは全くの逆効果となるだけです。

 

高齢の方でも、しばらく飲み続けていたら、いったん服用をやめて、様子を見るという配慮が必要です。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ