薬局で買える精力剤|本当に効果が期待できる【精力剤ガイド】

性欲は回復するのか

性欲は回復するのか

性欲は回復するのか

現代ならではの弊害が、特に男性の若者たちの下半身を直撃しているという現実を見ると、これから先の人類はどうなってしまうのでしょうか?

 

女性はずいぶん強くなりました。社会にもどんどん進出するようになり、性行為に対してもその主導権を男性から奪う勢いです。

 

しかし、女性が強くなったとか、男性が弱くなったとかと言う前に、もっと原点を考える必要があると思います。男らしさと言うのは、いつの時代にも言われることですが、その中身が時代とともに変わってきているのです。

 

動乱の時代には、か弱い女性を、体を張って守ることが男らしさでありました。しかし、ある意味では平和になった現代日本では、そういう古典的なお琴らしさを男性に求めても無意味なものなのです。

 

今では優しさこそが男らしさと言われている時代でもあります。筋肉モリモリで性力も絶倫でなければならないという妄想は捨てて、今の時代にあった男らしさを追求することが、男女ともに必要なのではないでしょうか?

 

しかし、だからと言ってセックスレスなどと言うライフスタイルには、賛成できません。どの時代でも男らしさはセックスが基本であることは変わらないのです。

 

マスコミや、世間の風潮に惑わされることなく、自分の欲求に正直に対処するしかないということです。偏見にとらわれ、無理に自分を偽ることほど、精神衛生上不健康なことはありません。これは若者だけでなく中高年にもいえることです。
精力のパワーアップが人生をより豊かなものにするのです。大脳生理学者の中でも「Hな男性ほど仕事ができる」と言われています。

 

セックスはボケ防止にもなると言われていますが、大脳生理我的に見てみると、仕事をこなすためにもセックスは有効だということがわかったのです。

 

と言うのも、生まれたときには140億ある脳細胞の数は、その後増えることなく減率つけていくのですが、セックスをすることで脳が刺激されると、細胞と細胞を繋ぐシナプス細胞が増加していき、その後減った分の細胞を補うことができるようになるのです。

 

そうなれば、それだけ脳の若さを保つことができるのです。脳の動きも低下することなく活発になり、当然、発想力や企画力と言った面でも大いにさえて、仕事をバリバリこなすことができるようになるというわけです。

 

しかし、シナプスが増えないと、脳波硬直していくばかりで、いわゆるボケ現象が出てきます。セックスがボケ防止にもなるというのもそういう理由なのです。

 

また逆に、仕事ができる人ほど性欲の衰えを知らないということも言えるでしょう。仕事ができる人と言うのは、普段から頭を使っているということですから、それだけ脳は若さに満ち溢れており、セックスに対しても敏感に反応します。

 

英雄色を好むという言葉がありますが、それはあながちウソではなく、エッチな人ほど仕事ができて、仕事ができる人ほどエッチなのです。


 

ホーム RSS購読 サイトマップ